Googleが提供するMapsのPlatform

  • Google Maps Platform

    • GoogleMapを導入しているサイトは沢山あります。

      Mapsの色を変えたりオリジナルピンの配置にはカスタマイズが必要です。ピンポイントを自由に多数配置する時もカスタマイズが肝心です。

      従来的には18種類にAPI関係のサービスは分かれていました。


      それがユーザーの利便性にとっては、一種の障害になっていた面があります。


      今回のPlatformへの以降で、そうした利便性の障害が解消されたことになります。

      ただし標準プランを使っていた人は、プレミアムプランへの移行が必要です。

      GoogleMapsPlatform情報を集めました。

      それに対して元々プレミアムプランに加入していたユーザーは、プラットフォームに移行する手続きが不要です。

      クラウド・プラットフォーム・コンソールへの移行が自動でなされるからです。
      GoogleMapsPlatformのメインとなるサービスは、従量課金制が採用されています。

      Mapsが表示された分だけ、利用料金が課せられるシステムです。



      ただしGoogleMapsAPIと同様に、無料枠はしっかりと用意されているので安心です。

      課金を有効に設定することで、マップやルートなどを無料で利用することができます。

      但し一定額が定まっているのはもちろんのことです。


      現在は数多くのユーザーがAPIを利用しているわけですが、今後は無料の範囲においてPlatformを使うことが出来ると考えられます。



      無料枠となるのは毎月200ドル分相当ですが、標準プラン枠の場合はクレジットカードを登録することが必要です。